トップページ > ハナビラタケ

ハナビラタケ

高山の野生のハナビラタケ

ナビラタケとは?

ハナビラタケとは白色~淡黄色の食用キノコで、直径20~40cmの葉ボタン状に成長します。 日本では北海道、本州、四国の高山で、カラマツやアカマツなどの針葉樹の根元や切り株に発生しますが、 野生のハナビラタケを発見することは珍しく、登山家から「幻のキノコ」と言われています。


ハナビラタケ

ハナビラタケの持つワー

ハナビラタケは、根や樹皮の傷から木に侵入し菌糸を伸ばし、養分を吸い取った挙句に木を腐らせてしまう大変なパワーを持ったキノコ。
葉ボタン状に成長するまで、4年かかると言われています。

幻のキノコのため、生態はあまり知られずひっそりと生息していましたが、1996年に人工栽培に成功し、関連企業に注目されています。


ゆくりんの提案するハナビラタケは、長年キノコ業界を支えるかつらぎ産業のもの。
20年にわたり研究開発され、日本で唯一 ハナビラタケの品種登録された菌をお持ちです。(しかも5つも!)

開発の現場はこちら

高い栄養価を持つハナビラタケですが、栽培に大変高度な技術を要するため、現在栽培は国内キノコメーカー数社しかできません。

ハナビラタケの栄養成分 100gあたり

ハナビラタケの栄養成分 円グラフ

アミノ酸の含有量 mg/100g中

アミノ酸の含有量 棒グラフ 乾燥シイタケ 乾燥ハナビラタケ 比較